お客様の声

掲載

見慣れた我が家が、売れる家に変わっていく様を楽しみながら売却できました!

元々、ご自宅を購入したときからそこを終の棲家にする気はなかった、と話すH様。

当初は東京オリンピック前には売ろうくらいの気持ちでいたものの、いざ売るとなると様々な疑問や不安も出てきたそうです。

査定から売却開始までの1年半、この期間に考えたことや思ったことなど、担当の中村と振り返っていただきました。

インタビュアー:山本

 

査定の依頼から売却まで1年半

うわー、なつかしいですね。

こんな家に住んでましたね、そういえば。

ーーまだ1ヶ月くらいしか経っていませんよ(笑)

ーー中村:スクリーンなんかはどうされましたか?

今は賃貸に住んでるので、スクリーンは上から吊るせないのが痛いですけど、家自体は結構快適です。

かなり充実してます。住み替え大成功です!

ーーおめでとうございます。最初のお問い合わせは2018年の1月でした。そもそも売却しようと思った時に最初はどういうアクションでしたか。

最初は相当悩みました。

地場の不動産会社に相談したほうがいいのか、大手に相談したほうがいいのか分からなくて。

実は、〇〇(大手不動産会社)に電話で話をしたことがあるんですよ。

うちのマンションに頻繁にチラシが入っていて、それがすごい高い金額で売れると書いてあって。ただ、そんな金額では売れるわけないなと思って、それで電話してみたんです。

これって本当にこの値段で売れるんですかって。

そうしたら、「いや~、ちょっと…」みたいな感じだったんです。それで、やっぱりなって電話を切りました。

大手なんですけど、上手く丸め込まれちゃうのかなって思いました。すごく説明もざっくりとしていて、沢山ある物件の一つとして扱われちゃうなと。

ーーそんなに力を入れてもらえないと感じたわけですね。

そうですね。

その後もネットで調べたりとかしていると、ちょっと大手も考えものなのかなと。

それで、一括査定で出会える会社の中にもいいところはあるかもなって考えました。実際にやってみて、すぐに6社から見積もりが来て、それをよく読んで、価値住宅に決めました。

ーー今回査定の依頼から売却まで1年以上空いていましたが、タイミングは決めていたんですか?

はい。

元々一生住もうとは思っていなくて、オリンピック前までには売ろうと思っていました。それもあって家をきれいに使っていたんです。

ーーなるほど。スケジュールをかなりしっかり考えていたんですね。

いえ、最初は全然考えていなくて、もっと漠然とオリンピック前に売りたいなってくらいです。

でも色々調べていった結果、売り出すタイミングも考えるようになったんです。たとえば大規模修繕が10年くらいでやることがわかっていたんで、それが終わってから売ろうとイメージしていたり。

足場が組まれてしまうと、見栄えも悪くなって売れないかもしれないので。ただそれがどんどん伸びてしまって、結局は計画を前倒ししました。

金額も、このくらいで売れたらいいなって金額が細かくあったりしたんですけど、一方で最悪の場合の金額や、それより安く売れる場合なんかも考えていました。

調べていくうちに、大事なポイントがわかってきた

ーーどのような基準で複数社から絞っていきましたか?

色々調べていくうちに、ここが大事だなってところがいくつかわかってきたので、そこに当てはまる会社をピックアップしていきました。

ーー査定金額は影響しましたか?

はい。最初の査定できた金額の中で、高すぎる金額の会社は外しました。

他よりも700万円くらい高かったですね。

ーー700万!それは凄いですね。それを外したのはなぜですか?

上手く売れるイメージができなかったです。

自分でも調べていて、売れそうな金額はある程度わかっていたんで。

そこから3社くらいに絞って、各社のホームページを見たりしました。

ーー弊社に任せていただけた決めてはなんでしたか?

しっかり話を聞いてくれたこともありましたけど、瑕疵保険が大きかったですね。

買う側の気持ちを考えた時に、保険があるっていうのは凄くいいですよね。自分が買うとしたらそういう物件がいいと思ったんで。そういう事を提案してもらえたのがありがたかったです。

他にも囲い込みをしないっていう説明もポイントです。

実際に物件を公開して、本当に人の目に触れるんだろうかっていうのも不安だったんで。そこをちゃんと考えてくれる会社に任せたかったんです。

ーー中村:囲い込みは売主さんにとっては機会損失以外の何物でもないですからね。一時期、一部の業者が問題になりましたよね。
残念ながら、いまだに両手仲介を狙う悪しき慣習は完全には無くなっていません。

そうなんですよね。

大手を外した理由の一つもこれでした。実際に全部がそうだとは思わないんですけど、色々調べるとそうなっている気がしてきて。

頂いた本も読ませていただいて、そこにも書いてありましたよね。

そういう事をまとめていくと、他の不動産会社が言うことの真意も理解できてきて、本当に重要なことがわかってきました。

なので、今振り返ると1年半位考える時間があったのは、良かったと思うんですよね。

ーーその間に、どういう会社に任せればいいのかを考えたわけですね。

そうですね。

結果としてですけど、1年半は必要な期間でしたね。

うちをどうやって売るのか、その提案が確かにあった

 ーー中村の対応はいかがでしたか?

質問したことがすぐに帰ってきたのが良かったです。こっちは初めてのことで、わからないことばかりじゃないですか。それをズバッと答えてもらったんで。

中村さんと最初にお会いした時に、すぐにこの人なら任せられるな、むしろ頼もしいなって思いましたね。

ーー中村:ありがとうございます!そう言っていただけると嬉しいです。

ーー他社の営業とは何が違いましたか?

うちをどういうふうに売るのか、各社からその提案を聞きたかったんです。

それを聞いた中で決め手になったのは、やっぱりホームステージングでした。そもそもホームステージングという言葉を使っているのも2社しかなくて。

価値住宅さんは、より家を魅力的に見せるための提案や、チラシについてもこういうふうに作りますっていう説明があって、それが決め手として凄く大きかったです。そういうふうにやってくれるんであれば、多分自分ではわからないようなポイントを教えてくれるだろうなと。

実際に色々やっていただいて、助かりました。

ーー他社さんも色々なサービスが有ったと思いますが、そこに魅力は感じませんでしたか?

確かに色々ありました。

これがまた、魅力的なワードがいっぱい出てくるんですよ。ハウスクリーニングだったり不要品の処分とかを無料でやりますとか。

でも、引越し費用を10万円まで負担しますのあたりで、駄目だと思ってやめました。

ーー何が駄目だったんですか?非常にありがたいサービスだと思いますが…

結局どこかで自分が負担することになるんじゃないかと思ったんですよね。

例えば物件価格が希望金額で売れないっていうのも、その一つだし、そんな色々負担してちゃんと売ってくれるのかなって。だから、ちゃんと明確に出してもらったほうが良かったんですよ。

この物件を売却するにはこのくらいかかりますよって。そのほうがありがたいです。

ーーなるほど。

自宅売却の過程までも楽しめた

妻とも話をしていたんですけど、不動産の売却ってネガティブなイメージを持っていたんで、そうではなく楽しそうにというか、ポジティブなイメージでやってくれる会社がいいというか。

うーん、なんて言えばいいんだろう?

ーーそれが弊社だったわけですね。

はい。

ホームステージングは一つの取っ掛かりでしかなくて、その上でどういうふうに家を仕上げて売ってくれるんだろうっていうのを、知りたかったんです。

その過程を自分たちも楽しみたいねって。

ーー中村:確かに、ホームステージングした後、凄く感心してくれましたよね。よく覚えてます。

いや、こうなるんだなって。

売却を依頼する前から、価値住宅さんには不要なものは捨てたほうが良いですよと言われて捨てていたんですが、それでも結構ものがあったんで。

それがフロアスタンド一つ置くことで凄く印象が変わって、これだったら住みたいと思わせられるなって。妻ともこれはすごいねって話をしていたんです。

これが楽しかったですね。

ーー中村:私としても、その結果として早く売れてよかったです。

本当ですよね。翌日でしたもんね。びっくりしました。

近所にも気づかれないうちに売却できて、まだ挨拶しきれてないです。

内覧者が翌日に3人来て、次の日も2人でしたっけ。本当にすごかった。

その後すぐに中村さんから購入申込みが入ったって連絡が来た時、えってなりましたよ。

その時に価格交渉がありましたけど、中村さんから、これで決めずに様子を見ましょうって言われたのが凄く感謝していて、あの時売ってたら絶対後悔してました。なので、ああいうアドバイスが本当に助かりました。

ーーその結果、希望金額のまま売れたんですね

希望額通りでした。

実はこの希望額はかなり多めに見積もってて、最初の査定依頼を今見てびっくりしたんですけど。自分の中では、300万くらい安い価格で売れたら満足と思ってたんで。

周りの人にも話をしたら、「希望価格で1日2日で売れたの⁉」って相当驚いてました。どこの会社って聞かれたので、価値住宅さんの宣伝もちゃんとしておきましたよ(笑)

ーー振り返ってみて、不動産売却で大切なことは何だと思いますか?

自分の家の価値は、住んでいる自分が1番わかっていると思うんです。その価値をわかって、共有して、伝えてくれるプロを探すのが大切だと思います。

今回いざ家を売りに出すってなった時に、内覧時に家のことを自分で説明しなきゃいけないと思っていたんです。

ところが、中村さんが全部説明してくれて、とにかく色々魅力を伝えてくれたんです。それが凄く嬉しくて。

すぐに売れた理由はそこなんじゃないかなって今でも思ってます。買主の方にも、価値が伝わって気持ちよく売却できました。

担当者

中村 靖志

中村 靖志なかむら やすし

私たちは、不動産売却のスペシャリストとして、お問い合わせから買主様へのお引渡しまでしっかりサポートいたします。