スタッフブログ「黒川のブログ」

配信

日常の中の非日常

最近はハンドドリップのコーヒーにハマっています。黒川です。

 

先日、社内の仲間数名と籾山さんのお家にお邪魔させて頂きました。

 

入社当時からお噂には聞いていて、

五位野さんのブログでもそのラグジュアリーさが語られていたので

実際にお伺いするのをとても楽しみにしていました。

 

籾山邸は想像以上に、

 

遊び心満載で、

「いつかこういう家に住めたらな」と思わせてくれる憧れがあちこちに詰まっていました。

 

特に癒しを感じたポイントをいくつか抜粋させて頂きます。

※籾山オーナーの掲載承諾済

 

まずは階段のクロス。

階段の壁部分に北欧風の花柄のアクセントクロスを使われていて、

この空間そのものが額に入ったアートのように見えてとても素敵なんです。

踏面と蹴上は、一般的には逆の配色(踏板が木目で蹴上が白)が多いのですが

あえてこのように、蹴上部分に木目を使用しているそうです。オシャレです。

 

木製の窓。

建具に詳しいスタッフ曰く、寒い地方などで見られる窓だそうです。

枠は木材ですが、不燃性、撥水性に優れた塗料で処理されているため

カビなどの心配もないそうです。

しかも、レバーハンドルの向きで横スライドにも縦スライドにもなる、見た目だけではなく機能性も抜群の窓でした。

MADOBAという製品なのだそうです。

窓枠にもこだわれるのは注文住宅ならではですね。

 

そして屋上に設置されたジャグジー。

一般家庭の屋上になんてものを。

 

水着着用で浸からせていただきましたが、

天井にはタープが張られているので、近隣からの目線は気になりません。

夜風の気持ちいい夜で、綺麗な夜景を見ながらのバブルバス。

この上なく優雅なひとときでした。

 

内装だけではなく、使用している家電や調理器具、小物に至るまで籾山さんの「好き」が詰まっていて、

改めて籾山さんの「暮らし」に対するこだわりと愛情を感じられましたし、とっても勉強になりました。

 

 

美味しい手料理と手作りプリンもご馳走して頂いて、とっても素敵な休日を過ごせました。

 

 

私は今とても安い賃貸アパートに住んでいるので

この先もずっと賃貸で良いかなぁと思っていたのですが、

こうしたこだわりの詰まった住宅を自分の「資産」として所有するって

やっぱり良いですね。

ブログ執筆者

黒川 千絵

黒川 千絵くろかわ ちえ

2020年2月より入社しました、黒川と申します。
「売却の窓口」加盟店様のサポート等、バックオフィス業務全般を務めております。

皆様によりよいサービスをお届け出来るよう、精一杯頑張ります!