2016.11.3
中古住宅売買における売主・買主の不安を解消 「売却の窓口®」全国25店舗にて設備の保証「住設あんしんサポート」の提供を開始

2016.11.3
中古住宅売買における売主・買主の不安を解消 「売却の窓口®」全国25店舗にて設備の保証「住設あんしんサポート」の提供を開始

付加価値仲介により不動産の早期高値売却を提供するVC「売却の窓口®」が設備保証サービスを全国25店舗の加盟店において提供開始!。

付加価値仲介により不動産の早期高値売却を提供するVC(ボランタリーチェーン)を展開する「売却の窓口®」」(http://www.baikyaku-mado.com/)は、中古住宅売買における不安を解消する設備保証のサービスを全国25店舗の加盟店において提供を開始した。
◆サービス開始の背景
従来の個人間での中古住宅売買では、基本構造部分についての瑕疵担保保険は2~3か月程度、キッチンや住宅設備の稼働保証については主要構造部と同様2~3か月程度または7日間と短い場合や一切保証のない場合もある。その期間に見つかった不具合の補修費用は売主個人の負担となる。しかし責任の所在を巡りトラブルになることも多くスムーズに解決できない場合も多い。
不動産仲介会社の営業担当者は、物件が引き渡された後にトラブルが起きないよう事前に調査を行ったり売買契約時に設備付帯票等の説明を十分に行い最大限の注意を払ってはいるが100%防ぐことは難しい。そのために「中古住宅の購入は不安」というイメージが払拭できない。そこでこのような不安を払拭し既存住宅売買を安心して行えるようサポートするために「売却の窓口®」ではこの度「住設あんしんサポート」サービスを開始した。
居住中の物件を販売する際、煩わしい調査員による検査は実施せず、売主と営業担当者の確認、売買契約時における設備付帯票添付でサービス利用が可能。

◆住設あんしんサポートの3つの特徴
①中古住宅でも保証付で安心!
通常1~2年のメーカー保証終了後の住宅の購入の場合も設備の保証が付けられる。新品交換が必要になった場合も保証限度額分が無料となるので安心!
②保証期間中は何度でも修理・交換
保証期間中の修理の回数に上限はない。いつでも安心して機器が利用可能。
③窓口一本化でトラブル対応もスムーズ
機器トラブルはコールセンターで一元管理。メーカー毎の保証書や連絡先を探す手間がかからない。

◆保証内容
保証対象機器はシステムキッチン、システムバス、洗面化粧台、温水洗浄トイレ、給湯器。
製造10年以内の対象機器に故障・不具合が発した場合に修理・交換代が10万円まで無料。それ以上の費用がかかる場合は超過分のみ負担で修理・交換を実施。保証期間は1年または2年から選択可能。

◆取扱い店舗
全国の売却の窓口®加盟店」(http://www.baikyaku-mado.com/)にて申込み可能。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
価値住宅株式会社 売却の窓口VC本部 担当:志知(シチ)
〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-28-6いちご西参ビル2階
TEL:03-5943-3360
Mail:info@kachi-jyutaku.co.jp

This entry was posted in ニュース&リリース, プレスリリース. Bookmark the permalink.