2016.11.2
不動産仲介会社が自社保証?「カチッと!ハウス」シリーズ販売開始!既存住宅売買瑕疵保険の活用による建物自社保証!

2016.11.2
不動産仲介会社が自社保証?「カチッと!ハウス」シリーズ販売開始!既存住宅売買瑕疵保険の活用による建物自社保証!

仲介会社の自社保証住宅「カチッとハウス」第1号物件の販売開始!

住宅管理会社として、売買仲介から引き渡し後の維持管理まで行う価値住宅株式会社(旧;株式会社バイヤーズスタイル 東京都渋谷区、代表取締役:高橋正典)は、個人間の中古住宅売買において、仲介会社の立場から自社保証を行う「カチッと!ハウス」シリーズの提供を開始、この度第1号物件の販売を開始した。
◆サービス開始の背景
従来の個人間既存売買瑕疵保険は保険対象住宅の検査を実施した会社(検査会社)が保証を行っており、付保証明書等の保証会社欄には検査会社名が記載されるため、消費者が購入した際に関わっていない会社である場合も多く、実際に瑕疵が見つかり保険を利用する場合、消費者はどこに連絡してよいかわからないといった問題が生じる可能性があった。また、検査会社は通常建築士事務所などが該当するが、単に検査を行っただけで保証責任まで負わされることに費用コストも含め少なからず抵抗があるという実態も存在する。しかし、本来中古住宅取引において消費者と最も接点を持ち、購入判断に大きく影響を与えるのは不動産仲介会社であり、改正宅建業法によって中古住宅取引時におけるインスペクションを始めとした取扱物件への関与が今後増加していくなど、仲介責任を正しく履行するための環境整備が求められている。

◆第1号物件について
埼玉県某駅からバス利用物件で、平成元年築の3LDKマンション。建物が築27年であり、現状では「住宅ローン減税」の適用要件である「耐火建築物の場合においては25年以内に建築された住宅」に該当しないが、瑕疵保険の加入によって減税対象とした。また、本物件の存するエリアは分譲マンションの競合が多く、販売にあたって苦戦を強いられる可能性が高いため、5年保証付き住宅としての差別化によって他社物件に比較した優位性を提供する。

◆保険の対象となる部分と保険期間
保険対象住宅の基本構造部分の瑕疵が保険の対象となります。基本構造部分とは、住宅の品質確保の促進に関する法律及び同法施行令で定められた柱、基礎等の構造耐力上主要な部分及び外壁、屋根等の雨水の侵入を防ぐ部分を指します。
保険期間は、保険対象住宅の引渡しの日から1年、2年または5年となります。

*瑕疵保険引き受け会社
株式会社住宅あんしん保証(東京都中央区京橋1-6-1 三井住友海上テプコビル6階)
あんしん既存住宅個人間売買瑕疵保険(仲介事業者コース)

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
価値住宅株式会社(旧;株式会社バイヤーズスタイル)
担当:志知(シチ)
〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-28-6いちご西参ビル2階
TEL:03-5943-3370
Mail:info@kachi-jyutaku.co.jp

This entry was posted in ニュース&リリース, プレスリリース. Bookmark the permalink.